子供の英語

子供時代に獲得した英語力は落ちる。その理由を調べてみました。

こんにちは、こいわです。

僕は一般の社会人として働きながら、会社では英語を使って日々メールだったり英会話だったりしています。

今回は子供時代に獲得した英語力は落ちてしまう。と皆さん聞いたことあるかと思うんですけどもその理由についてちょっと調べてみました。

 

英語力というのは子供の頃の方が学びやすいと言われています。

その理由というのは、子供のころに英語に慣れ親しんだ方が、

英語を聞き取る能力が高く、正しい発音や苦労せず話をすることができたりする

つまり大人よりも吸収が早いと言われています。

 

ではなぜ子供時代に獲得した英語力が落ちてしまうのかその点について説明していきたいと思います。

 

子供時代の英語力は落ちる?

結論をいうと、子供時代に親の仕事などで海外に住んで身に付けた英語力は

その後、日本に帰ってくると必ず衰え、場合によって忘れてしまいます

 

もちろん、親がネイティブスピーカーの場合や、

そのまま英語圏でずっと育っていく場合は衰えませんが、

日本に帰国した場合には英語力を保つことは相当難しいです。

 

会社の知り合いでアメリカ勤務をしていた人が何人かいますが、

その人たちの子供は、やはり一旦は英語が話せるようになるものの、

帰国後は英語をすっかり忘れてしまったといっています。

 

なぜなら、日本で英語力を保とうとしても、

  • 英語学習が英文法中心の大学受験英語になってしまうこと
  • 英語を聞いたり話したりする機会が極端に少ないこと

が大いに影響してしまうからです。

これらのハードルが非常に高く、英語の能力を保つことができません。

 

僕もアメリカに留学をしていたときは最終的に結構英語を話せるように

なったように記憶していますが、

アメリカから帰ってきて通常の生活に戻ると

途端に英語力は衰え、半年もしないうちに英語を話すことがおぼつかなくなりました。

これも日本に住んでいる場合には英語を話す機会が授業以外では全くないからです。

 

では、英語に触れる機会が減ることで忘れてしまうのはそもそもなぜでしょうか

これは子供の頃、特に幼稚園や小学校低学年のうちは、右脳が前面で機能しており、

英語をイメージとして捉えることができていますが、

そのうち、だんだんと理性を司る左脳が発達してくることによって、

イメージで捉えていた英語が論理的な英語に置き換わることができずに

忘れてしまうということのようです。

 

つまり右脳と左脳の違いによって一旦習得していた英語を忘れてしまうと言うこと。

 

子供時代に英語を覚えることは無意味なのか?

では、どうせ忘れてしまうと言うことであれば、

子供時代に英語を覚えるのは無意味なのでしょうか?

 

これについては、無意味ではないと言えると思います。

なぜなら、子供時代に英語を学ぶことにより、

大人になってからは獲得が困難、または無理なネイティブ英語耳を得られるからです。

 

一旦このネイティブ英語耳を得られた後は、

絶対音感のように体の方では覚えているため、

再度英語の学習をしたときには、非常に役に立ちます。

 

日本人が苦手な英語は、特にリスニングとスピーキングです。

英語耳があることによって、これらのどちらもカバーすることができます。

 

このアドバンテージがあるだけでも、相当学習効率が違うので

英語を子供の頃から学んでいくことは非常に重要です。

 

まとめ

今回は子供時代に獲得した英語力は落ちる、その理由を調べてみました。

 

英語を学んでいたとしても、忘れてしまう理由は、

日本に帰ってきたときに圧倒的に英語に触れる機会が減ってしまうことが一つ。

 

後は、右脳、左脳の切り替わりにより、

英語の能力がリセットされてしまうと言うことが影響しています。

 

ただし、忘れてしまったとしても、

一旦話せるようになるまでになっていたとするとそれは非常に大きなことですので、

再度必要となったときに学び直すことによって、簡単に英語力が戻る可能性があります。

子供時代の語学力は大人になってからも絶対に活きます!

 

では、今回はこのへんで終わりとします。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

スポンサードリンク

-子供の英語
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5