英会話

理解できる英語と話せる英語の差について

こんにちは、こいわです。

今日は理解できる英語と話せる事ができる英語のGAPについて書いていきたいと思います。

 

困った人
どういうこと?
まあ、ちょっと聞いてください。。
こいわ

 

英語の勉強をしている人は、インプットとアウトプットを比べると

始めの方は特にインプット多めになると思います。

 

当たり前ですが、最初は英語を何も知らない状態から始めるので、

インプットしないと何も始まらないからです。

 

もちろん初心者でもアウトプットとして、覚えた英語を書いたり

発音の練習をしたりしますが、会話を行うことはほぼできないと思います

 

最初のうちはそれでもいいのですが、途中で英会話をするなどして

アウトプット多めの学習方法に切り替えないと

いつまでも話せるようになりませんよという話です。

 

 

インプット多めになるのはしょうがない

英語を始めた当初はどうしてもインプットが多めになります。

僕たちの世代は中学校に入ると同時に英語の授業が始まり、

 

Hi, Mike. Hello Ken.

のようなところから勉強を始めます。

 

学校の教科として、日本語以外の外国語を

初めて学び始めるので、文法の勉強を少しづつ行っていき、

中学、高校を卒業するまでに、文法の勉強を終えるのが精一杯

 

同級生で学校の勉強だけで英語をペラペラになった人がいる

という話はまず聞かなかったです。

 

今思うと、英語の勉強については、学校の進度に合わせる必要は全くないのですが、

学校で学んでいくという性質から、授業の進捗に合わせて学んでいきました。

 

その結果、圧倒的なインプットのすえ、理解できる英語は増えるのですが、

話す事ができる英語はいつまで経っても伸びていきません

 

 

アウトプットを多めに切り替えていくには

英語はコミュニケーションためのもの

英語は勉強するための科目ではなく、コミュニケーションのための言語です。

話せるようになって、初めて役に立ちます。

 

どんなにTOEICで高得点をとっていても、

英語を話す事ができなければ、意味がありません

(言い過ぎかもしれませんが)

 

日本人は英語を学んでも、アウトプット量が少ないため、

英語の勉強した結果が表に現れてきません。

How are you にさえ、まともに答えられない人がいます。

(Don't say "Fine, thank you"...)

 

なので、ある程度インプットが溜まってきたところで、

だんだんとアウトプットの方を多めにしていく必要があります

 

英語のアウトプットを多めに切り替えていくには、

当たり前ですが、1日5分でも、10分でもアウトプットの時間を増やしていく

という事が重要です。

 

こいわ
僕はアウトプットを増やすためにいきなり留学に行きましたが、そんなことしなくても今は大丈夫です。

 

英語を話す場を作ろう

英語を話す場を作る一番簡単な方法は

 

独り言です。

部屋で一人で、覚えた英語をアウトプットしていきましょう。

文字を声に出して読んでみるでも良いし、

動画や音声のサンプルに合わせて英語のシャドーイング

もしくは自分で考えた意見を英語で喋ってみるなど、

独り言としてやれることはたくさんあります。

 

英語力がかなりハイレベルな人でも、

独り言を結構やっていたと言う話はよく聞きます。

 

 

その他のやり方としては

 

オンライン英会話です。

英語の勉強をしている人であれば、

相当メジャーなのがオンライン英会話だと思います。

 

毎月大体5,000円ぐらいで、オンラインで英語の勉強ができます。

専用のアプリやSKYPEなどを使用して、フィリピンなどの講師の人と

マンツーマンで英会話の勉強ができます

 

昔はそれほど多くなかったオンライン英会話ですが、

今では、ビジネスに特化したものや、子供向けのもの、

カリキュラムも色々あるなど、かなり豊富になっています。

 

僕も昔DMM英会話を行っていた事があるのですが、

その時には、しばらく英語を話していない状態から始めたので、

聞き取りもなかなかできなかったり、話すのも結構詰まっていました。

 

そう言うとオンライン英会話って

かなりハードルが高いように聞こえるかもしれませんが、

あまり話せない状態から始めても大丈夫なように、

講師の人はかなりゆっくり話してくれたり、

全くわからなければ、テキストで書いてくれたりと、

様々な方法でサポートしてくれます。

 

ちなみに、日本で英語を勉強していた基礎があるので、

テキストの内容なんかは完全にわかっていました。

(初心者向けのところから始めたので。。)

 

オンライン英会話のデメリットとしては、

英語力が低い時には特に話すことに抵抗がある

忙しいと毎日30分の時間が取れないことなど

あるのですが、まずは無料期間とかもあるので、

一旦騙されたと思ってやってみると良いかと思います。

 

一言アドバイスを言うと

話せなくて恥ずかしい思いは多少するかもしれませんが、

それは誰もが通る道なので、あまり気にしないことです。

失敗を積み重ねる事が重要です。

 

オンライン英会話については、以下の記事でもう少し詳しく書いていますので、

もしよかったら読んでみてください。

【どの会社がいい?】初心者オススメ、コスパの良いオンライン英会話比較

オンライン英会話ってたくさん合ってどれを選べばいいかわからない・・。そんな人に向けてオンライン英会話の比較をしました。

 

 

まとめ

今回は、理解できる英語と話す事ができる英語の違いについて書いてきました。

 

日本人はこの二つの英語の能力に相当GAPがあると思います

その理由としては、圧倒的にインプットに偏った勉強をしてきたからです。

 

ですので、このGAPを埋めるために、話す機会を増やすべきと言うのが

今回のメッセージとなります。

 

独り言でも上達しますが、オススメはオンライン英会話です。

1日30分でも時間を作れれば是非トライしてみることをオススメします。

 

では今回はこの辺で終わります。

また次の記事でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク

-英会話
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5