英語

【就活】英語力は就職に有利になるか《幅が広がります》

こんにちは、こいわです。

今回は就職と英語についての話を書いてみたいと思います。

 

今回のお悩みです・・・

困った人
英語力を磨くと就職に有利になりますか?
なります。ただし・・
こいわ

 

良い就職をするために、英語の勉強をすることは必要でしょうか?

という質問をされることがあります。

 

英語の勉強をすることで得られることはたくさんありますが、

就職もその一つの狙いとなりますね。

 

英語の勉強をしてTOEICや英検で良いスコアを取ったり、

海外の大学を卒業したからにはそれを活かしたいものです。

 

 

ちなみに、僕の経験ですが、大学院時代に留学を行い、

留学後はTOEIC800点まで上昇しました。

 

1回目の就職の際には英語の能力は全く必要としなかったのですが、

転職したときにはTOEICの点数や英語の能力を買われ

良い就職ができました。

 

この記事によって、就職に英語って必要なのだろうかと悩んでいる人が、

少しでも前に進むきっかけになればいいと思っています。

 

では早速初めて行きます。

 

有利となるケースはある

今回の質問は、英語の勉強をすることにより

就職に有利となるかということです。

 

結論を言うと有利となるケースはあるということになります。

 

要点をまとめると以下です。

  • 努力して結果を導き出せる人材に見せることができる
  • 受けられる会社の幅が広がる

 

これらをもう少し噛み砕いて説明していきます。

努力して結果を導き出せる人材に見せることができる

まず1つ目、努力して結果を導き出せる人材に見せることができる。

 

就職活動をしている時に、実際にはあり得ないかもしれませんが、

英語以外の能力で拮抗している候補者が2人いた場合、

採用する側の立場としては、

英語の能力が秀でている方を選ぶ可能性が高いです。

 

英語の能力が高いということは、

日本ではあまりの点数を伸ばしにくい英語の勉強を

自らやっていくことができるという、

努力ができる人材という様に見えます。

 

企業側からして見ればこの点はプラスの要素です。

 

募集要項に英語の能力が求められている場合もそうですが、

求められていない場合でも、同じことが言えます。

 

英語の能力は募集要項に書いていない会社であっても

いつか必要になるかもしれません。

 

プラスアルファの能力としてアピールして損はありません。

 

受けられる会社の幅が広がる

次に、受けられる会社の幅が広がるということがあります。

 

現在、日本の会社で英語のスキルを求めるところは多々あると思いますが、

英語のスキルが募集要項の中で必須項目として挙げている会社も増えています。

 

入社までにTOEIC800点を求める楽天などが有名です。

 

また、外資系企業でも英語の能力は必ず求められます。

つまり、現代の就職の際には受けられる会社の幅が狭まる可能性が大です。

 

逆を言えば、TOEICスコアや英会話力をつけておくことは、

受けられる会社の幅が広がることになります。

 

希望できる会社が増えれば、内定をもらえる機会が増え、

結果として有利に就職活動を進めることができるでしょう。

 

見方によっては有利とならないケースもある

英語の勉強は有利になると書いてきましたが、

逆に見方によっては有利とならないケースもあります。

 

英語ができることが当たり前となっているケース

まず、英語スキルが必然となっている会社では有利になりません。

 

例えば、入社後海外で働くことが前提になっているグローバル企業では、

英語ができるのが当たり前、

むしろ他の志望者がバイリンガルばかりというケースもあり、

相当な英語力がないと見劣りしてしまいます。

 

ただし、その場合でも英語力が募集要項で求められているレベルを

クリアしていれば基本的には就活時点では問題無く、

気後れすることはありません。

 

英語力を求めていない企業のケース

このご時世なので、あまり多くはないと思いますが、

全く英語を重視しない企業もあります。

 

そう言った場合にも、

英語力が有利でもなく、不利でもない様な形となります。

 

会社に求められているのは何かということが重要

 

・英語力が有利となるケース、

・当たり前すぎて有利でもないケース

があることがわかったと思います。

 

重要なこととして、

英語力だけを売りにして就職活動をしても弱いということがあります。

 

英語ができる人材は、2020年現在でも非常に重要な人材といえます。

政府の教育方針を見ていても、ますますその需要は衰えないはずです。

 

しかし、あなたが入社したい会社が英語が当たり前な会社であれば、

英語とそのほかに何ができるのかというところがポイントとなります。

 

A社に入りたい!と考えたところから、

A社に対して自分がどう言った価値を提供できるのかそれを考え、

準備していくことが重要です。

 

まとめ

今回は就職に英語は有利となるかという事で記事を書いてきました。

 

ポイントを振り返ると

  • 努力して結果を導き出せる人材に見せることができる
  • 受けられる会社の幅が広がる

という点から、英語を勉強しておく事で、

できる人材と思わせることもできますし、

受けられる会社の幅も広げることができますので、

有利となると言えるでしょう。

 

ただし、後半で書いた様に英語プラスアルファの価値提供も重要です。

 

英語だけやっていましたと就職活動の面接で言うのではなく、

  • 「英語の勉強以外にも英語を通して様々な経験をした」
  • 「英語以外でも○○というところで価値が提供できる」

などのアピールができるとさらに有利になっていきます

 

こいわ
英語は武器になり得ますが、英語ばかり・・と言うのはイマイチなので そうならないようにしたいですね。

 

では今日はこの辺で。

また次の記事でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク

-英語
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5