英会話 英語勉強

英会話初心者でもシャドーイングを効率的に進めるコツ

こんにちは、こいわです。

今回は、英会話初心者でもシャドーイングを効率的に進めるコツについて

書いて行きます。

 

困った人
シャドーイングやれっていうけど、英語に続いて発音していくなんて無理・・。
そんな人でもできる方法を紹介しますよ!
こいわ

 

シャドーイングは英語上級者であれば、

英語のドラマや映画を見ながらでもできるかもしれませんが、

ほとんどの人は初めのうちはできないと思います

 

まずは自分に合ったレベルから始めましょう。

 

シャドーイングとは

シャドーイングとは、一般的に、

ドラマや音源を見たり聞いたりしながら

そのすぐ後に続いて発音をするという学習法です。

 

ある程度英語が聞き取れないと

音源を聞いてすぐに発音をするという行為は、難易度が高く、

英語の勉強を始めたばかりの人にはちょっと難しいと思います。

 

ただ、今回は、英語の初心者でも効率的にできるシャドーイングの方法

お伝えする記事なので、ぜひ初心者の人に見てもらいたいと思います。

 

シャドーイングの種類

 

シャドーイングにはいくつかの種類があります。

基本的にやることは一緒なのですが、

目的によって、どこに集中するのかが変わるようなイメージです。

 

発音に集中するシャドーイング

一つ目は発音に集中するシャドーイングです。

英語で言うとProsodic shadowing(プロソディックシャドーイング)です。

 

このシャドーイングでは、発音に特化してシャドーイングを行い、

英文の意味にはあまり注意を払わなくても良いです。

なので、初心者向けのシャドーイングと言えるでしょう。

 

英単語の発音やリンキング・リエゾンといった音の繋がり

注意を払い、音声が発する通りの発音となるように

トレーニングをして行きます。

 

意味に集中するシャドーイング

もう一つのシャドーイングが文章の意味に集中するシャドーイングで

Contents shadowing(コンテンツシャドーイング)と言います。

 

英語の意味に対しても意識を払っていくので、

発音プラス意味を押さえていくので、難易度が上がって行きます。

 

この時、英語を日本語に変換しながら理解していくと

全く間に合わないため、自然と英語を英語で理解していくことに

繋がります。

 

これにより、発音と英語を英語で捉えると言う技能が高まります

 

定形文や言い回しに集中するシャドーイング

もう一段踏み込んで英語の定形文や言い回しに対して

集中して確認していくシャドーイングがあります。

 

英語を聞き取るだけではなく、英語の文章のまとまりに対しても

意識を払っていくため、難易度はさらに上がります。

 

こいわ
ここまでくると、僕も自信がありません。。

 

 

シャドーイングの効率的な進め方

 

では、実際にシャドーイングをどのように行っていくのが良いのか、

噛み砕いて説明をして行きます。

まずは文章の意味を理解する

まずはシャドーイングを行う文章をしっかりと理解します

わからない単語は事前に調べて、発音も抑えておきます。

Googleを用いて英単語の発音をおさえておくをオススメします。

 

英語の文章を理解しないでシャドーイングをしてしまうと、

発音に注力するシャドーイングとなってしまいます。

これはこれでも良いのですが、学習効果が高いのは、

発音とともに、英語の意味も追えるようにするシャドーイングなので、

まずは内容もおさえるべきです。

 

音声を通しで聴く

次に音声を通しで聴きます

 

この時に、文章の意味を理解し、発音をおさえたはずなのに、

聴き取る事ができない部分があることに気がつくと思います。

 

もしくは、英語を聴く前に自分で認識していたイントネーションや

抑揚とは違っているケースにあたると思います。

 

聴けないところをつぶしこみ

聴き取れないところが無いようにしておきます。

 

中には何度聞いても聞き取れない部分があると思いますので、

どうしても聴き取れない場合は、その部分を飛ばしてください。

 

音声を短く区切って発音を確かめていく。

3つ目のステップとして、文章全体のシャドーイングするのではなく、

いくつかの文節や文章ごとに区切って発音をしていく練習

を行ってください。

 

その時には、発音に集中し、ネイティブの発音や抑揚に近づけられる

ようにしてください。

 

ある程度の文節で発音ができるようになって来たら、

次は文章ごとの単位で発音をして行きます

 

この時は、シャドーイングではなくても良いです。

一旦音声を聞いて、それが頭に残っているうちに、

発音していくイメージです。

 

最後にシャドーイングをする

最後にシャドーイングを行います。

シャドーイングのために1〜3のステップをこなして来たので、

完全に文章についていけるまで30回や50回は

シャドーイング を行うことをオススメします。

 

音源を通しで聴きながら、

音源のすぐ後に重ねて発音をして行きます。

 

シャドーイングについていけない場合は、

音声のスピードを遅くするなどして対応してみてください。

 

ちなみに、シャドーイングをYouTubeで行う場合は、

YouTubeの機能として、スピードのコントロールができるので、

英語の音源が早すぎると感じる場合は、スピードを落として

やってみてください。

 

まとめ

今回は、シャドーイングについて書いて来ました。

 

初心者でもできるように、まずは英語の文章をしっかりと

おさえるところからと書いています。

 

ここについては、英会話がある程度できる人についても

同じように文章をおさえるところから始めるのが良いと思います。

 

シャドーイングを行っている時に、この意味なんだっけ?とか

思うようであれば、意味を理解するのを脳が諦めてしまい、

発音にだけフォーカスしてしまうので、効率が落ちるからです。

 

 

最後に、1点だけ補足すると、英語の音源を選ぶ場合は、

できるだけ自分のレベルにあったものを選んでください

 

多少上ぐらいでも大丈夫ですが、あまりにレベルが高すぎると

聴き取れないところが多発してしまい、非効率すぎます。

 

最初に文章を確かめてみて、全く読めない文章であれば

今の自分自身のレベルにあっていないという事が明確なので、

その時は別の教材へと進みましょう。

 

では、今日はこれまでとします。

また次の記事でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク

-英会話, 英語勉強
-, , ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5