留学 英語コラム 英語勉強

留学の適切な期間について

こんにちは、こいわです。

今回はオススメの留学期間について書いてみたいと思います。

 

僕は大学院1年と2年の間に一年間大学を休学して、

大学のカリキュラムとかとは関係なく、

1年弱の留学を経験しました。

そこから感じたことを今回書いていきます。

 

どこからともなく、困った人が現れました。

困った人
留学してみたいんだけど、どれくらいの期間がいいんだろうか。
期間別に分けて説明していきますね。
こいわ

 

先に結論を言うと最適な留学期間は少なくとも半年から1年

そして最適な時期は大学3年から4年の間、もしくは大学院1年から2年の間です。

その時期に大学を休学して、語学留学にコミットすることを強くオススメします。

 

ですので、今回は大学生もしくは高校生に向けたブログとなります。

まずは期間について説明していきます。

 

最適な留学期間は?

留学は、本人が目的とする期間によって決めれば良いとも思いますが、

時間があるけど、どれくらいの期間がないと英語の能力が伸びないのか

と考える人に向けて、書いていきます。

 

超短期(1週間程度)

学生でも社会人でも1週間程度の休みは割と簡単に取れるので、

その期間を利用して留学する場合は、この超短期の留学となると思います。

 

メリットとデメリットを挙げると以下のようになります。

メリット
  • 留学先の雰囲気を感じる事ができる
  • 多少の会話スキルを試す事ができる
  • 費用はあまりかからない(20万〜40万)
デメリット
  • 英語の能力としてはほぼ伸びない
  • 費用対効果が良くない

 

1週間程度の留学では、留学というより観光に近い形になると思います。

観光を目的として、少しでも英語の勉強をと言う事であれば

問題ありませんが、もし英語の能力を伸ばしたいと言う事であれば、

1週間ではあまり期待できません。

 

また、留学にかかる費用は航空券代ももちろん含みますので、

現地に滞在する期間が短ければ短いほど、

費用対効果が薄くなってしまうのはしょうがないところです。

 

短期(1ヶ月程度)

次にもう少し長期の休みを取るなどをして、

1ヶ月程度の留学をした場合はどうなるでしょうか?

 

まずは、メリットとデメリットを挙げます。

メリット
  • 英会話に少し慣れる事ができる
  • 費用は比例して上がるがまだ少ない方(40万〜70万)
デメリット
  • 英語の能力が伸び出す一歩手前で帰ることになる
  • 短期で詰め込みすぎると疲弊する

 

1ヶ月集中することでそれなりの効果は出ると思います。

しかし、まだまだ環境になれるのが精一杯で

英語がこれから伸び出すというところで帰ることになります。

 

僕が語学留学をした時には、1ヶ月かなり勉強をしたのですが、

元々の英語力がひどかったのもあり、

正直英語の能力が上がった感じがしませんでした。

 

少し伸びた方と思い出したのは、次にあげる3ヶ月程度経ったところからです。

 

中期(3ヶ月程度)

では、次に中期(3ヶ月程度)の留学について書きます。

この期間を留学に充てる事ができるのは、

学生のうちであれば可能かもしれませんが、

社会人であればよほどではない限り難しいように思います。

 

メリットとデメリットを挙げると、

メリット
  • 英語の能力に伸びを感じる事ができる
  • リスニング能力が開花する
デメリット
  • 3ヶ月くらいの休みを取る事が物理的に難しい
  • 費用がかさんでくる(80万〜120万)

 

この期間を留学に充てる事ができれば、

正直、英語の能力は上がります

留学当初に全く英語が聞けなかった人でも、

なんとなく英語が聴けるようになるのがこの頃です。

 

聴けるようになると言うことは、

こちらの意見もどんどん発信する事ができるので、

スピーキングの能力も伸び始めます。

 

ただ、おそらく一般的にも、個人的にも、

この時期が一番伸び盛りだったので、

この辺りで帰るのが一番もったいないと思います。

せっかく会話ができるようになったので、

ここからぐんぐん伸びる可能性が高いからです。

 

一方で費用的にはこのあたりから平均して100万を超えてくるので、

それなりの資金がないと苦しくなってきます。

僕の場合は恥ずかしながら親に借りました。。

 

長期(半年〜1年)

最後に長期の留学として、半年から1年のケースを書きます。

 

1年以上の留学ももちろん可能ですが、

1年以上となると、英語の勉強だけに費やすのは流石にもったいなく、

ある程度英語の勉強が進んだら現地の大学に入ることを狙うべきです。

 

メリットとデメリットを挙げると、

メリット
  • 英語の能力に確実に伸びます
  • TOEIC800点、900点などもやり方次第でとれる
デメリット
  • 休みを取る事が物理的に難しい
  • 費用がかさんでくる(200万〜)

 

英語の能力はもちろん伸びます

TOEIC高得点を狙う場合は目標としている点数に届く可能性が高いです。

一方で、費用がかなりかかってくるのと、長期間の休みを取る事が難しくなります。

 

ただし、冒頭に書いたように、

僕が本当にオススメするのは、半年から1年の留学をすることです。

僕の経験上、リスニングができるようになって来たのが3ヶ月を

経過したところから。

そして、スピーキングがある程度できるようになって来たのが、

半年を過ぎたあたりからです。

 

逆に言えば、それぐらいの期間をかけないと、

英語の能力として使えるレベルにならないということです。

 

留学をしていた頃は毎日10時間くらいは

英語の勉強だけに当てていたと思います。

そうすると1ヶ月300時間。半年で1800時間です。

僕は留学の期間は約9ヶ月だったので、2700時間を

英語の勉強に費やしたことになります。

 

その結果としてTOEICの点数は留学前は400点前後だったのですが、

留学から帰って来て受けたテストでは800点をとっています。

 

留学していた時には、TOEICの勉強も多少していましたが、

TOEICの勉強よりも英会話のスキルを伸ばそうと途中で切り替えたため

そこまでTOEIC対策はしていなかったのですが、

かなり点数が上がったのに驚きとそりゃそうだよなと言う気持ちが

半々でした。

 

繰り返しますが、留学するなら半年から1年を検討してみてください。

英語力が飛躍的に伸びるのは3ヶ月以降からです。

 

留学に最適な時期は?

留学に最適な時期は、

上記の半年から1年の時間を取れる時期と言うことになります。

 

そうすると、社会人で会社を1年休みますと言うことは

非常にハードルが高く、学生の間に行くしか選択肢がありません

 

さらに、学生といっても高校生までは休みを取る事の

デメリットの方が多いので、取るのであれば大学に入ってから

と言うことになります。

 

僕が留学に行ったのは大学院1年と2年の間の期間でした。

大学に掛け合って休学をしても休学期間中の授業料がかからないことは

真っ先に確認しました。

 

そして、大学院1年の年度末からは就職活動をする事が普通だと思いますが、

休学することを決めたので、1月から3月の期間を留学の準備期間として使い

留学から帰って来た1月から3月を就職活動の期間として使いました。

留学をしている期間にもいろんな企業についてインターネットを用いて

調べる事ができますし、休学しながら就職について

一年間じっくり考えることにも使えました。

 

僕は大学院の間に留学を行いましたが、

大学3年と4年の間でも同じ事ができると思います。

大学3年ぐらいまでには基本的に単位を取り終えたりする事ができると思うので、

一旦そこで休学し、留学してみるのが良いと思います。

大学によって、休学中も費用がかかる等あると思うので、

調べてみてください。

 

留学することによって1年休学していた事がマイナスにならないか

ということが気になるかもしれませんが、その点は問題ないと思います。

 

確かに、同級生に就職が1年遅れることとなりますが、

就職した後のことを考えると、1年の差は大したことありませんでした。

 

留学していたことや英語力を武器に就職や就職後の扱われ方が変わりますし、

仮に転職をその後した場合は、何年卒と言うのは本当に何にも意味がなくなります。

パフォーマンスを出した方が出世していく世界です。

 

まとめ

今回は留学をするのに最適な期間と、時期について書いて来ました。

 

時間が許すのであれば、半年から1年の留学をすることをオススメします。

さらに、時期については大学生のうちに休学して留学するべきだと考えます。

社会人になってからではなかなかまとまった休みを取る事が難しいため、

学生のうちに行くべきです。

 

僕がそうだったように、大学期間中に留学をする事で

英語の能力が飛躍的に上がることはもちろん、

就職にも有利に働くことは間違いありません。

自分のなりたい仕事に英語の能力が必要だと思われる際は

思い切って留学してみてはいかがでしょうか。

 

では今回はこれで終わりとなります。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

スポンサードリンク

-留学, 英語コラム, 英語勉強
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5