英語勉強

英語の勉強はアウトプットとセットにすると効率が上がる

こんにちは。こいわです。

英語に関してのブログを書いています。

同時並行でTwitterもやっていて、フォロワー数が2100人ぐらいまで育ってきました!

 

今回は以下のお悩みに答えていきたいと思います。

困った人
英語の勉強の効率を少しでもあげたいんだけど、何かいい方法ないかな。。
アウトプットを伴うようにすると伸びますよ
こいわ

 

先日、以下のようなツイートをしました。

 

 

英語はアウトプットしないと伸びない

学んだことはSNSにアウトプットすべき!

  • ツイートする
  • ブログに書く
  • インスタに投稿など

ポイントは発信するために正しく理解して

わかりやすく伝えようと整理すること

これで伸びる!

 

英語の勉強をしていて伸びている人は無意識にでも大体やっていると思うのですが、

英語力を伸ばすためにはアウトプットすると言う事は非常に大切です。

 

今回はこの点について解説していきたいと思います。

 

インプットだけしていても英語力が伸びない

何度も繰り返しますが英語を伸ばすためにはインプットだけではなくてアウトプットも重要です。

日本人は英語のインプットだけは一流

日本人は英語の文法に関してはしっかりと義務教育の中で学んでいます。

僕が留学していたときに周りにいた外国人と比べても、英文法の能力だけは

他の国の留学生に引けを取りません。

 

でも、英語がしゃべれるしゃべれないで比べると

圧倒的に英文法が劣っているだろう他国の留学生に負けます。

 

英文法の能力は一概には測れませんが、

語学学校の同じクラスにいる生徒の中でも圧倒的にしゃべれないのは日本人です。

 

インプットばかりやりすぎて、いざアウトプットしようとすると挙動不審に

ですのでいざアウトプットしようとして

しゃべり出そうとすると一気に挙動不審になります。

 

義務教育の中で英語のアウトプットをするという学習を

重視してやってこなかったというところが影響していると思います。

 

もちろん自主的にアウトプットができる環境にいる人は

英語の会話もできるようになっていると思いますが、

やはりほとんどの日本人は会話が苦手なのではないでしょうか。

 

僕もアメリカで話しかけること(アウトプット)を多用してから世界が変わった

僕がボストンの語学学校に留学をしに行った時、

もともと英語が苦手な状態でいたので全然しゃべれませんでした。

 

その中である日、転機が訪れることになります。

その転機と言うのは僕が語学学校の先生に対して、

英語のしゃべる能力が上達していかない・・・

と言うふうに相談したところから始まります。

 

その時の先生からのアドバイスは、

もっと英語を使って話すべきだというシンプルなものでした。

 

確かにそれまでの僕は、自主的に英語をアウトプットすることはできておらず、

聞かれた質問に対しては頑張って答えようとするものの

自分から何かを人に尋ねたり、話しかけたりというのはあまりやっていませんでした。

 

それが英語の上達の近道と言うことを知りませんでした。

 

なので先生からそのアドバイスをもらった後は、

前日の夜に話したいことを考え、

翌日に他の留学生や先生に対して自分から話しかけるようにしていきました。

 

それにより、自分が前日にゆっくりと考えた文章や調べた単語などを

アウトプットすることができ、

 

それを繰り返すことによってボキャブラリーの増加や

言い回しなどが身に付いていき、

そのうちあまり考えなくても話せるようになっていきました。

 

この自分の経験からもアウトプットしていくことの大事さというのがわかると思います。

 

 

SNSにアウトプットせよ

では実際にどうやってアウトプットしていくかですが、

やはり声に出して誰かと会話することができればベストです。

ただしそういった環境がない人もいると思います。

 

ですので、今回は誰でも簡単にできる

SNSにアウトプットする

ということで後半は書いていきたいと思います。

 

人に対してではなくても、SNSに対してでもアウトプットすることで、

以下のようなメリットが出てきます。

 

発信するために正しく理解する

まずは、英語の文法や単語を発信をしようとする場合、

間違えを発信するのは恥ずかしいと考えると思います。

 

そして、発信する内容を正しく理解をしようというように考えます。

ここがすでにアウトプットのメリットの一つ目です!

 

アウトプットの準備として、自分の中で深く理解をしようとする心理が働き

それによって、アウトプットを実際にする前からアウトプットのメリットが出ます。

 

わかりやすく伝えようと整理する

次に、発信する際には、文法や単語の理解した内容を

人に伝えるためにはどうするのがベストかということを考え、

自分なりに噛み砕いて発信していくようになると思います。

 

わかりやすく伝えるためには本当に理解していないとできないので、

整理をしていく過程でさらに理解が深まっていきます。

これがメリットの2つ目です。

 

この時点でもまだアウトプットしていませんね!

 

フィードバックがもらえる

さて、実際にSNS(Twitter、ブログ、インスタ)などにアウトプットした後は

どのようになるでしょうか。

 

こいわ
コメントやいいねでフィードバックがきますね!

 

これが英語に対するモチベーションを高めてくれます。

 

また、もし発信した内容がおかしかったり間違っていたりすると

読者またはリスナーから間違っているよという反応が来たりして、

それを見ることで自分の間違えに気づくことができます。

 

僕の経験上、そういった反応をもらって直したところについては

印象がかなり深く残るので、いつになっても忘れることはないと思います。

 

フォロワーも増える

最後に、発信をしていくことによってフォロワーも増えます!!

 

SNSにアウトプットしていくことで、

英語に関心のある人がフォロワーとしてつきます。

 

コミュニティができれば

なお英語に対するモチベーションが上がりますね!

 

まとめ

今回はアウトプットとセットで英語の勉強をしていくことで効率が上がるという内容を書いてきました。

特に、アウトプットは簡単にSNSでやるのが良いと思っています。

 

やり方は簡単で。勉強したことをツイッターやブログ、インスタなどに投稿することです。

 

Twitterなら習った単語を描いて送るだけ。1分もあればできてしまいますね。

 

文法や、単語の比較、類義語をしっかり調べたとしても5分くらいあればツイートを作ることができるので、

ぜひトライしてみてください。

 

では、今日はこの辺で

また次の記事でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク

-英語勉強
-, , ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5