英語勉強

英語上達に必要な1日の勉強時間は?《2時間以上やるべき》

こんにちは、こいわです。

今回は英語の上達に必要な1日の勉強時間について、書いていきます。

僕は社会人になって一時期TOEICの勉強をしていたことがありますが、

その時は朝の5時に起きて会社に出社するまでの2時間を英語の勉強に当てていました。

 

それによってTOEICの点数は約100点上がり、870点まで上昇しました。

 

今回の困りごとです

困った人
英語の勉強を1日大体どれぐらいすれば上達していくのでしょうか
少なくとも2時間はやっておきたいですね
こいわ

 

英語の勉強は普段日常生活では触れることのない言語を勉強していくことになりますので、

ある程度まとまった時間、勉強をしないと上達しないどころか

ブランクがあればどんどん衰えてしまいます。

 

英語の上達のカギは、どれだけの時間を英語に費やすことができるかです。

 

それではもう少し詳しく説明していきます。

 

英語を上達するための勉強時間として好ましい1日の量は?

英語の上達をするための勉強時間としては、人によって個人差があるけれども、

最低でも1時間以上は行っていくべきだと考えます。

 

1日30分〜 →最初は少しだけ伸びます

このぐらいの勉強時間だと、

全く勉強していない状況に比べれば結構良いレベルだと思います。

 

例えば、TOEICの勉強を今までやっていなかったとすれば、

目に見えてTOEICの点数が上がると思います。

 

ただし、勉強の時間としては正直足りず、この時間を続けていたとしても、

ある程度勉強したところでTOEICのスコアも頭打ちとなり、伸び悩みます。

 

なぜなら勉強の強度が足りていないため、

勉強をしたところを数週間くらいで忘れてしまう可能性があり

ある程度以上の上達は見込めないからです。

 

それでも、中学、高校時代の積み重ねがあればそれを思い出すには

十分な勉強量でもあるため、多少のスコアアップはするということです。

 

でももし、TOEIC800点を目指すのであれば、もう少し強度を上げる必要があります

 

1日1時間〜 →伸び続けますが、時間がかかります

1日1時間を続けられるようであれば、もう少し成長のスピードが上がります。

 

TOEIC700点や800点という目標も時間をかければ達成していくことができるでしょう。

 

ただし、3ヶ月や半年で達成することはまず難しく、

元々の英語のレベルにもよりますが、1年から2年ぐらいのうちに800点を達成

していくことになります。

 

1日2時間〜 →目標達成に向けてちょうど良い負荷

1日2時間以上勉強ができるようであれば、

目標達成に向けては最適な負荷となるでしょう。

 

英語の勉強は読む、書く、聞く、話すの能力が必要です。

また、勉強の時に必要なのは復習をすること。

 

これらを学び、復習も実施するためには1日1時間ではカバーできず

やはり2時間以上勉強できることが望ましいです。

 

僕がTOEICで点数を引き上げられたのはこれぐらいの勉強時間を確保できたから。

このぐらいを続けることができれば世界が変わる。

 

1日4時間〜 →負荷が高いがその分劇的に伸びる

ここまで英語に時間を割くことができればかなり上達のスピードが上がります。

読む、書く、聞く、話すの4技能に対して1時間ずつ時間を割くのも良いですし、

勉強をしている中で、話すのが苦手であれば、そのポイントだけ2時間かけよう

と言ったように勉強時間の配分をしながら上達をしていくことができます。

 

僕がアメリカに留学していた時は、学生で英語だけを学ぶためだけに行っていたので

1日10時間以上は英語の勉強をしていたと思います。

学校で学ぶ英語の他に、留学生同士での会話だったり、映画だったりと

様々なインプットを行っていました。

 

このぐらい勉強時間をとることができれば、必ず英語は上達します。

 

 

英語上達の目標をどこに置くかによって、1日の勉強量が決まる

英語の1日の勉強時間についてこれまで書いてきましたが、

英語を勉強する目的によっても、どれぐらい勉強すべきか、というのが変わってきます。

そこについても触れたいと思います。

 

TOEIC 800点目標であれば、1日2時間の勉強で1年から1年半

社会人がTOEICの勉強をする場合、1日2時間以上の勉強をすることをオススメします。

 

理由はTOEIC800点を目指すには約1000時間の勉強が必要と言われます。

これを達成する1日の2時間勉強するとして1年から1年半となります。

 

2時間以上の勉強時間が取れれば、英語を勉強した部分の復讐をすることもでき

継続して上達していくことができます。

 

また、英語苦手だった僕でも、1日2時間程度の勉強時間を確保し、継続したことによって、

800点を超えることができたので、皆さんももちろん達成することができると思います。

 

通訳レベルであれば、1日4時間で約7年

では、仮に通訳レベルということであれば、どれくらいの時間が必要となるでしょうか。

この英語の勉強時間として、10000時間の勉強が必要といわれています。

1日4時間の勉強をしたとすると、約七年間となります。

とてつもない期間ですね・・。

 

実際通訳になる人は、元々バイリンガルであったり、英語を小さい頃から勉強できる環境があるケースがほとんどで、

社会人になってからある日突然通訳になろう!と思い立って勉強を始める人はほとんどいないと思います。

ですので、この7年という期間のうちには、10代のうちからの勉強時間を含むとすればそこまでおかしな時間感覚ではないかもしれません。

 

ただし、これは通訳として入門レベルで、専門知識が必要な場合にはより多くの勉強が必要となります。

 

洋画や洋ドラマが見たい場合・・・

100%洋画や洋ドラマの内容を理解したいという場合には、正直どれくらい勉強を重ねれば良いか僕にはわかりません。

英語の勉強をある程度できるようになった上でわかることですが、普段ビジネスで英語の聞き取りに不自由をしていなくても、

洋画の内容を聞きながらストーリーを追っていくのは至難の技です

僕の今のレベルでは、10%から20%ぐらいしか理解できません。

 

洋画ではネイティブスピーカー同士が物語の展開に合わせて早口でスラングを交えて

交えながら会話をします。

 

また、会話の内容も少し専門的な言葉が飛び交う時もあり、知らない単語のオンパレード。

相当の知識量が必要となります。

 

アメリカに住みながら10年ぐらい英語に触れ続けることで達成できるレベルになるかと思います。

それぐらいハードルの高いことです。

 

英語の勉強を継続するには

最後に、英語の勉強を継続するには英語の勉強を習慣化することが重要です。

英語の勉強は早くても半年、長ければ1年や2年続けないと目に見えた上達はありません。

 

ですので、1日1時間でも2時間でも良いのでとにかく目標達成するまで長期間続けるということが最重要となります。

いきなり勉強初日から10時間とか勉強を行ってもまず続きません。

 

参考までに、英語の勉強が続かない理由については以下の記事で説明しています。

この記事の中で書かれていることを注意すれば継続できる可能性は十分にあります。

参考【脱三日坊主】英語の勉強が続かない人の原因6つ

英語の勉強を始めたけれどもいつも挫折してしまいます。という人に向けて、どうすれば続けられるのかを説明します。

 

まとめ

今回は、英語の上達に必要な勉強時間がどれくらいになるのかという話を書きました。

結論としては、1日2時間の勉強時間をとり、それを毎日続けていくことで上達していきます。

 

もちろん1日30分や1時間でも上達しないわけではないですが、

その場合は目標到達までにかなり長い道のりとなりますので、続かなくなる可能性が高いです。

 

大体の社会人はTOEICでの点数取得を目標としていると思いますので、

ある程度固まった勉強時間を作り、1年や2年の間と割り切って勉強時間を確保していきましょう。

 

では、今回はこの辺で。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

スポンサードリンク

-英語勉強
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5