TOEIC 英語勉強 英語試験

TOEICパート別攻略テクニック Part3

こんにちは、こいわです。

TOEIC 攻略記事も今回で3回目!

 

今回はPart3の内容について、説明と攻略方法について書いていきます。

 

僕自身、一番最後に受けたTOEICのテストの点数は870点で、

もっと高得点をとっている人はもちろんいますが、

TOEICのスコアランクとしてはAランクとなっています。

ギリギリですけどね!

*TOEIC公式より抜粋

 

ですので、僕が実際に870点を取るために行ったことを中心に

今回も説明をしていきたいと思います。

 

これからTOEICを受けたい!と言う人が

少しでも高得点を取る足がかりとなれば良いと思います。

 

TOEICテストのPart3の解説

TOEICのPart3の問題は以下のようなものとなっています。

 

Part3:会話問題 39問

2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。
印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問
(設問は放送される)と回答を読み、4つの答えの中から最も
適当なものを選び解答用紙にマークする。
会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を
関連づけて解答する設問もある。各会話には設問が3問ずつある。

(TOEIC公式より引用)

 

Part3はTOEICのリスニングパートのある意味メインとなるパートです。

問題の数はリスニングパートの中で一番多く、Part3で出てくる問題に慣れ、

高得点を取りたいところです。

 

問題として読み上げられる会話のやりとりは、

1体1で話される場合が多いですが、

後半に行くにつれて、3人の間での会話も入ってきます。

 

そのため、会話をしっかりと聞き取らないと、

誰が何を言っているのか分からなくなってしまいます。

 

Part3対策テクニック

では、具体的なテクニックについて触れていきます!

設問の先読みを行う

TOEICのPart3では、

会話文についてはもちろん問題用紙に記載はないのですが、

設問については、問題用紙にきちんと書かれています。

 

ですので、冒頭Part3の説明文が英語で読まれる時間を利用して、

設問を読み込んでいくのが有効です。

 

よくある設問として、話し手たちが

  • どこにいるのか
    Where are the speakers?
  • 何を話しているのか
    What are the speakers discussing?
  • 何をしようとしているのか
    What are the speakers doing?

という形の質問が出ます。

 

この形を見ただけで、質問の意味を理解できるようにしておき、

回答をいくつか頭に入れておきましょう。

 

そして、回答はなるべく早く答えておき、

次の設問を先に読み込んでいくという流れを作ります。

 

もし仮に、設問を先読みする余裕がなくなってしまった場合は、

設問を読みつつ音声を聞いていると集中ができないため、

一度設問には目を通さず、音声のみに集中することも

時としては重要となります。

 

設問の傾向を把握しておく

次に設問の傾向を理解しておく事が重要です。

設問の流れとしては、

  • 問題提起→課題解決
  • 苦情→対応
  • 質問→回答

という流れが一般的です。

2、3人で話をしているので、ただの雑談のような形にはなりません。

 

リスニング力を高めるため

どんなに先読みして、設問のイメージを持てたとしても、

やはりリスニング力を高めないと回答率が高まりません。

回答率を高めるためには、端的に言って出るところだけを

勉強すべきだと思います。

 

僕もTOEICの試験を受けるために買いましたが、

公式でTOEICが出している問題集を買い、

それについている音源を何度も聞き込んで

わかるようにするというのが、

最短の勉強法だと信じています。

 

 

まとめ:TOEIC Part3は公式問題集で対策すれば大丈夫!

 

今回はTOEIC Part3の対策について買いてきました。

TOEICのリスニングパートの最重要パートでもあるので、

なるべく取りこぼしの無いように進めていきましょう!

 

オススメするのはとにかく公式問題集を買って、

そこについている音声を聞きまくることです。

(実は音声のみであれば無料でスマホで聞けたりしますが、やはり問題集で解説や訳を見ながらでは無いとつらい・・)

 

最初は音声を聞いても耳に入ってこないと思いますが、

音声のスピードを0.8倍速ぐらいから始めて、

1倍速、そして1.5倍速とかにもチャレンジしておけば

本番でも落ち着いて聴く事ができるようになります!

 

では、今日はこの辺りで終わりにします。

また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

-TOEIC, 英語勉強, 英語試験
-, ,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5