英会話 英会話フレーズ

What have you been up to? 「最近何してた?」の発音や使い方について

こんにちは、こいわです。

 

僕は現在会社員として働きつつ、

ブログやツイッターで英語について発信をしています。

学生時代に英語に目覚め、TOEIC400点から留学に行き、

猛勉強の末に800点まで引き上げました。

 

 

今回は、

文字は知っていても発音を知らないと聞き取れない英語のフレーズ

について、書いて行きたいと思います。

 

今回紹介するのは一例ですが、こういった言葉を一つ一つ覚えていく事が、

リスニング力の向上につながって行きますので、

諦めず、コツコツと行きましょう!

 

What have you been up to? 「最近何してた?」

What have you been up to?
最近何してた?

このフレーズは前回会った時から今回までの間に

何があったか?のような質問をする場合に使います。

 

この質問自体は非常に簡単なのですが、

いきなり尋ねられると

文字で見る発音

聞く発音が思ったより異なるため、

非常に戸惑ってしまい、言葉に詰まると思います。

 

では、発音についてみていきたいと思います。

 

What have you been up to? の発音のしかた

 

What have you been up to?

は日本語的に書くと

ホワット、ハブ、ユー、ビーン、アップ、トゥー

となりますが、ネイティブはこんな風には発音しません。

 

ネイティブの発音としては、

ワラユビン アップトゥ

Wa-av-yu-bin-up-to

に近い形となります。

 

こんな形で日本語で読む発音と全く違うので、

え? とか は?

となってしまいます。

 

こいわ
少なくとも僕は聞き取れませんでした。

 

 

What have you been up to? と聞かれたときの答え方

では、続いてWhat have you been up to? と聞かれた時の

答え方について紹介します。

 

ただし、下記に書くのはあくまで一例ですので、ご参考まで。

 

Not much.
特に何も / 変わったことはないね

I've been studying.
勉強ばっかりしてた

I've been working hard.
仕事が忙しかったよ

I've been busy.
忙しかったんだよね

What about you?
そっちは?

 

最後のWhat about you?については、他の回答と組み合わせて、

Not much, What about you?のように聞き返す形で使います。

Good とか Fine とかでも回答にはなります。

 

ちなみに、少しフランクな表現となるので、

目上の方にはあまり使わない表現となります。

 

まとめ

今回は、What have you been up to?という表現について書いてみました。

 

ネイティブとの会話の中では、当たり前のように使う表現なので

知っている人も多いのかもしれません。

 

でも、英会話初心者ではあまり馴染みがなく、

発音に至っては聞き取れない人も多いのではないかと思います。

 

ですので、今回このフレーズについて知る事ができたと思うので、

ネイティブがこれを繰り出した時に驚かないようにしましょう(笑)

 

最後に発音については以下のYouTubeから見る事ができるので

本当の発音について知りたい方は見てみてください。

1:25のところから聞けます。

 

 

では、今日はこの辺で終わりにします。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

スポンサードリンク

-英会話, 英会話フレーズ
-,

© 2021 こいわブログ Powered by AFFINGER5